貧血外来・血液内科

貧血外来・血液内科

貧血とは、血液中のヘモグロビン値が12g/dL未満の状態のことです。

ヘモグロビンは赤血球に含まれるタンパク質で、酸素を運ぶ働きをしています。したがって、ヘモグロビンが減少すると体は酸素欠乏の状態となります。

貧血の主要な症状は労作時の息切れです。階段を上ったり、走ったりしたときに顕著になります。それ以外でも、肩こりや頭痛、むくみ、動悸などの症状が出現します。

貧血の原因として一番多いのは、鉄欠乏による貧血です。鉄はヘモグロビンを作るのに必要で、出血や汗で喪失します。女性は月経による出血が原因で、40代では約3割の方が鉄欠乏性貧血になっています。陸上競技や剣道など、スポーツも鉄欠乏性貧血の原因となります。部活に励む中高生や、マラソンを楽しむ成人の方は、リスクがあります。スポーツ貧血は、踵の衝撃により赤血球が壊れることや、汗に鉄が含まれ、多量の発汗により鉄を喪失することが原因です。

鉄欠乏性貧血の治療は、内服および注射による鉄の補充が有効です。しかし、月経や運動が続く限り、一度治療しても再発しやすいため、鉄剤による鉄補充を継続する必要があります。

貧血は、鉄欠乏以外にもビタミンB12欠乏、葉酸欠乏などビタミンの欠乏でも起きます。また、再生不良性貧血、骨髄異形成症候群など骨髄の病気に随伴しても起きます。

貧血のほか、血小板の病気(特発性血小板減少性紫斑病、本態性血小板血症など)や、白血球の病気(白血球減少症・増加症、白血病など)の検査や治療もお受けいただけます。

日本血液学会認定の専門医が診察して、適切な検査、治療をおこないます。高次医療機関とも連携しておりますので、入院や精密検査が必要な状態と判断いたしましたら、紹介いたします。

Copyright © 鉄医会.All rights reserved.